自分を偽らない 人から好かれるには

自分を偽らない 人から好かれるには

自分を偽らない 人から好かれるには

自分を偽らない 人から好かれるには


では、もし人から好かれるために
自分を演じてしまったらどうなるのか、
一緒に考えてみましょう。

相手に好かれるために
自分を作って相手に合わせてしまった場合、
ウソの自分になってしまいます。

その場合、一時的に相手に
受けいれられたとしても、必ずボロがでます。
そしてそうならないために、
さらにウソを重ねるようになります。
こうなってしまえばいつか分かってしまいますし、
演じている人間に対して好意を持つことは難しいでしょう。

また精神面についても悪いです。
無理をしているわけですから、
本来の自分を抑えているためストレスにもなりますし、
最枠の場合はうつ病や自律神経失調症にもなります。
好かれる人の会話術
少し大げさな話にも聞こえるかもしれません。
しかし、自分を偽って相手に合わせる
ことばかりになってしまったら本当に起こりうる話なのです。

例えば会社で上司との関係がうまく行かなくてストレスになり、
そして最終的にはうつ病になって辞めてしまう人もいます。
そういったことを考えると何も不思議ではありません。
上司に対して我慢していることと同じに思えます。

それに偽った自分を好かれてしまった場合、
その後もずっと偽り続けなければなりません。
そんなときに本来の自分を出そうものなら
今までの自分と違うため相手は不審に思います。
例えば本当はゲームが好きでも
それを隠していた場合どうでしょう?
考えてみれば分かりますね。

はじめからゲーム好きなことを隠さずにおけば、
ゲーム好きの仲間ができます。
気になる異性の肩もあなたの趣味に
興味を持ってくれるかもしれません。

ですので、基本的な考えとして本来の自分、
正直な自分であることを基準にしてノウハウを学んでいってください。