依存した愛情

依存した愛情

依存した愛情

依存した愛情


「あなたがいないと生きていけない」
よくドラマなどで聞く言葉です。
実際にこのように思っている方も多いことでしょう。

それほどまでに大切な人が目の前に
いることはとてもハッピーなことだと思います。
しかし、度を過ぎるとこの場合、
依存した愛情になっている可能性があります。

人間はわざわざ一人で生きていく必要はありません。
たくさんの人間がいるのですから
多くの人と協力していけばよいでしょう。
しかし、その人なしでは生きられない、
状態になっている場合少し考えて見ましょう。

そもそも依存状態の場合、
相手に対して大きな負担を強いられる事があります。
そのため、相手もいっぱいいっぱいになってしまい、
相手との関係が続かなくなる恐れがあります。

親しき仲にも礼儀あり、と言う言葉があるように
いくら親しくても相手の立場を考えずに
自分の思い通りにしていいというわけではありません。

相手の意見や考えも尊重して、依然しあう事がなく、
その上で愛情をもって接するのが理想といえるでしょう。
そうじゃないと、愛情を持つことによって苦しむことになるからです。
好かれる人の会話術
特に日本人の場合、自己犠牲や
苦労することに対しての美徳がなぜかあります。
そのため、愛のためには苦しんでも良い、
などのような考えを持つことが多いです。
しかしこういった考えは心理学の
観点から見てもよくない状態です。

そのためまずは自分を愛することから始めましょう。
相手を愛して愛されるために。